川村明宏のジニアスアイ

【14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye”をすすめる理由】

川村博士の視力回復法”ジニアスeye”は、視力回復の第一人者・川村明宏博士が考案した視力回復法です。最も効果的な視力回復方法として主に実用教材などに贈られるインフォトップランキングを3年連続で1位を受賞するなど使用者からの幅広い支持を得ています。

 

視力低下の原因は、眼球を動かす筋肉の衰えや眼球の血行不良などが主な原因といわれています。これには目の運動不足やストレスなどが深く関係してきます。体の筋肉などと同じように目の筋肉も次第に衰えてきます。正しい目の使い方を覚えることで、視力の低下を防ぐことができます。

 

”ジニアスeye”は、レーシック手術などの視力回復のための手術をする必要は一切ありません。視力低下の原因について知り、目の筋肉をしっかりと鍛えていくことで視力の回復を目指しましょう。”ジニアスeye”は、14日間のトレーニングを続けることで効果が現れてきます。難しいことは一切せずに、誰でも簡単に行うことができることから人気が出ています。

 

また、パソコンさえあれば、すぐに始めることができるのも魅力のひとつです。”ジニアスeye”は、パソコンを使い、インターネットでトレーニングサイトを閲覧するという形になります。そのほか、冊子のマニュアルが付属します。

 

最近、視力が下がってきて悩んでいるという方や、長年、視力が悪く、日常生活を送る中で様々な不便を感じているものの、手術をするのはちょっと…という方にぜひおすすめです。視力回復のためのトレーニングを続けていくことで、ぼやけていた視界が以前よりくっきりと見えるなど、次第に目に見えた効果が出てくるのでモチベーションアップにも繋がります。から視力がとても悪く、普段は眼鏡をかけて生活しているという方もこのトレーニングを行うことで視力が見違えるほどに良くなるなど、人によって個人差はありますが大きな効果が期待できます。

 

”ジニアスeye”で視力回復をして、より快適な生活を手に入れましょう!

【川村博士のプロフィール】
川村明宏博士は視力回復に関する研究や活動を行う、視力回復の第一人者です。

 

1953年に北海道で生まれ、新日本速読研究会会長 ・教育学博士 ・名誉情報工学博士として活躍しています。現在までにコンピューターソフトや速読術に関する著書を多数執筆しているほか、アメリカをはじめとした海外での普及及び提携活動なども積極的にこなしており、4年間の開発期間を要したeyeQ(英語版速読術)は現在アメリカ国内のシェアナンバーワンとなっています。また、視力回復に関する研究のほかに、速脳・速脳速読・速脳速聴等の商標や速読術等の能力開発のアメリカや日本における特許も取得しているほか、特許申請中の学習法も数多く考案しています。また、大学や研究機関、一般を対象にした講演会を行ったり、テレビ出演や新聞、雑誌などでも活躍の場を広げています。また、2002年には社会文化功労賞を受賞するなど、その功績が広く称えられています。

 

川村博士が考案した視力回復方法「ジニアスeye」は、最も効果的な視力回復方法として主に実用教材などに贈られるインフォトップランキングを3年連続で1位を受賞するなど幅広い支持を得ています。「ジニアスeye」は、目のトレーニングを中心に行うことで14日間で視力回復を目指すというトレーニングプログラムで、とくにレーシング手術などの必要がないことから口コミで人気が広まっています。

 

そのほかにも、能力開発研究者や速脳研究会会長などとしても知られるなど、様々な方面において活躍しています。とくに、速読や記憶術などは日常生活においても役立つことが多々あるので、覚えておくと何かと便利です。人間にはまだ知られざる能力がいくつも秘められています。正しいトレーニングを行うことで、その力を最大限に引き出すことができるようになります。

 

また、川村博士が監修した、右脳を鍛えて速読訓練を楽しく学べるゲームソフトなども販売されているので、興味のある方は調べてみると良いでしょう。