視力回復食べ物

【目に効く食べ物】

 

視力回復のためには、目に効く食べ物を摂取することが効果的です。

 

目に効くことで有名な食べ物には、主にブルーベリーが挙げられます。ブルーベリーに含まれるアシトシアニンという成分には網膜のロドプシンの再合成を活性化させて、目のかすみや疲れ目を治したり、目の疲れを回復させるといった効果があります。また、カシスにも同じような効果があるのでおすすめです。どちらもそのまま食べるほか、ジュースなどにして飲むのも良いでしょう。

 

鶏肉や豚肉、牛肉のレバーに含まれるビタミンAには、夜盲症といって暗いところで目が見えにくくなる症状にとくに効果があるといわれています。大豆やえんどう豆、玄米などに含まれるビタミンB1には、目から脳への神経を伝達する機能を正常に保つという効果があります。牛乳やヨーグルト、納豆などに含まれるビタミンB2には、目の細胞の再生を促したり、網膜や粘膜を保護するほか、疲れ目や目の充血を解消する効果があります。イチゴやキウイ、グレープフルーツなどの果物に含まれるビタミンCには、水晶体の酸化を防いだり、透明度を保ち、白内障を予防するという効果があります。うなぎやいか、エビなどに含まれるビタミンEには血行を促し、疲れ目やドライアイを防ぐ効果があります。また、加齢に伴う老眼にも効くといわれています。かぼちゃやニンジン、ほうれんそうなどに含まれるベータカロチンには、主に目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ効果があります。

 

そのほかにも、目に効くといわれている食べ物はいろいろあります。それぞれの目への効果についてよく調べ、自分の目的に合った効果のある食べ物を探してみましょう。

 

仕事柄、日常的にパソコンを使っているという方や勉強など集中して目を酷使する生活をしている方は、とくに意識して目を休める時間を確保することが必要です。

 

目を休めるための時間を取ったり、目に効く食べ物を摂取するなど、日頃からきちんと目を労わることで、より効率的に仕事や勉強に取り組みましょう!